1. Top

流量計算 / フリーソフトダウンロード

流量計算 / フリーソフトダウンロード
流量計算、水理計算、排水計算、雨水計算、等流計算・不等流計算、河川の流量などのフリーソフトがダウンロードできるサイトをまとめました。



エクセルの機能で河川の状況を一目で確認できる
河川の流量や水位の把握は、エクセルの等流・不等流計算ソフトで
https://construct-boss.com/toryuu-kensoft-590
<河川の問題を解決するための等流・不等流計算の課題は>
河川の幅や断面形状などの情報は図面などが分かっていれば、チェックするために必要なものは、等流計算・不等流計算のツールです。どの計算方法を使えばよいか判断できることが重要です。
<エクセルの機能で河川の状況を確認>
グラフの作成機能を使えば、河川の長さに沿った水深や傾斜の図を描くことができるため、増えた流量に応じた河川の状況の変化が、一目で確認可能です。





複雑な計算式を用いる雨水排水計算の手間を簡略化
雨水排水計算に関わるトラブルが怖いを、フリーソフト導入で解消する
https://construct-boss.com/ryuuke-kensoft-256
<手間がかかる雨水排水計算を手軽に計算する>
戸建住宅やマンション建設、大規模な造成工事を行う際に欠かせないのが、雨水排水計算です。フリーソフトを導入すれば、複雑な計算式を用いる雨水排水計算の手間を簡略化できます。
<雨水管の許容流量と雨水の排出流量の比較>
公共下水道雨水管への接続が必要となる造成工事などで、造成する範囲が一定以上に及ぶ場合は、多くの市区町村が、雨水管の許容流量と雨水の排出流量の比較を求めています。




このエントリーをはてなブックマークに追加

道路設計 │ フリーソフトのまとめ

道路設計 │ フリーソフトのまとめ
車両軌跡図、走行軌跡図、バーチカル計算、縦断曲線、道路縦断図の作成などのフリーソフトがダウンロードできるサイトをまとめました。



車両軌跡図のソフトを利用するメリット
エクセルの車両軌跡図ソフトで、歩行者、自転車にもやさしい道路計画を実現
https://construct-boss.com/kikeki-kensoft-351
<車両軌跡図ソフトから最小必要幅を検討する>
車両を通行させるには、理想的な軌跡図に対し、ドライバーが対応可能な範囲の余裕幅を持たせる必要があります。車の走行に必要な最小必要幅は、車両軌跡図ソフトから求めることができます。
<車両軌跡図のソフトを利用するメリット>
曲線部の最小必要幅を簡単に算出することができます。道路計画ソフト、CADソフトなど特別なソフトを必要としません。算出した結果をAutoCADなどのCADソフトに読み込ませることができます。





使い慣れたエクセルソフトで、縦断線形を計画する
エクセルのバーチカル計算で、道路景観を意識しつつ縦断曲線を計画する
https://construct-boss.com/vajuzu-kensoft-355
<平面的な位置関係に加え、縦断的な位置関係を考慮>
市街地であれば、平面的な位置関係に加え、縦断的な位置関係を考慮することで、さらに印象的な都市景観を創出することができます。上下線を分離する、平面分離、高低分離という手法があります。
<使い慣れたエクセルソフトで、縦断線形を計画する>
近年は、道路構造令に従うだけでなく、街並みや道路景観、環境問題へも配慮しながら線形をきめていく必要があります。バーチカル計算、道路縦断曲線のソフトは大変役に立ちます。




このエントリーをはてなブックマークに追加

数量計算 / フリーソフトのダウンロードサイト

数量計算 / フリーソフトのダウンロードサイト
数量計算Excel、土木工事の積算、単価表・代価表、建築工事の積算 躯体・内装、鋼材の重量計算、強度・断面の計算、画像処理、測定ツールなどのフリーソフトがダウンロードできるサイトをまとめました。





業務の効率化につながる強度計算ソフトの活用
<鋼材の強度計算ソフト導入により業務効率化を図れる>
鋼材の強度計算ソフトは、必要な数値を入力すれば、計算結果が表示されます。強度の見直しの際も、数値を修正するだけで計算できます。手間と時間を圧倒的に短縮することが可できます。
<業務の効率化につながる鋼材の強度計算ソフトの導入>
会社の信頼性の向上に寄与します。強度計算にかかる時間の短縮は、作業効率の向上につながります。フリーソフトの導入であればコストは不要です。基本的に複雑な操作は必要ありません。

出典:鋼材の強度計算ソフト導入により、作業効率化と安全性の向上に期待



手計算と同じ手順で計算が可能です
<コンクリートの数量計算ソフトで効率がアップする>
コンクリートの数量計算ソフトを使用すれば、計算ミスによる手間とコストが減少し、仕事の効率化を図れます。エクセルを使って計算を行うタイプのものなら、簡単に使えます。
<手計算と同じ手順で計算可能>
コンクリートの数量計算は、基礎や柱、梁、床などに分けて計算をするかと思います。部材登録してから計算することも可能です。打設の流れに沿って行えるので、より効率向上が見込めます。

出典:エクセルによるコンクリートの数量計算ソフトは効率向上のためどう使うのか



建設機械等損料算定表は毎年更新されています
機械損料の計算ソフトを利用した土木工事の積算で見習うべきこと
https://construct-boss.com/dobse-kensoft-345
<機械や工法の選定には細心の注意が必要>
機械の選定には、現場状況や必要な作業量などを十分検討し、土木工事の積算が過大にならないよう検討する必要があります。土木工事の機械損料の計算ソフトを使って、積算してみましょう。
<建設機械等損料算定表は毎年更新されています>
建設機械損料とは、建設業者が所有する建設機械等の償却費、維持修理費、管理費等を含んだ費用のことを指します。機械損料の計算ソフトを手に入れて、土木工事の積算にチャレンジしてみませんか。






ソフトを導入してコスト削減する
写真や画像から寸法を測るフリーソフトのポテンシャルは侮れない
https://construct-boss.com/gsokute-kensoft-247
<写真・画像を用いた測定ツールの導入に高額なコストは不要>
現場の撮影に用いる、一般的なデジカメやスマートフォンで撮った写真・画像で、計測できるフリーソフトが大半です。フリーソフトをダウンロードすれば、導入コストはかかりません。
<ソフトを導入してコスト削減>
地上から撮影した写真・画像からも、距離や寸法を計測することができます。撮影にデジカメだけ持って行けばよく、ドローンの操縦ができれば、広範囲の測量も行えます。





積算情報を一括管理できる積算ソフト
建築積算のフリーソフト導入で、建築現場の事務負担を劇的に軽減する
https://construct-boss.com/kense-kensoft-239
<建築積算ソフトの選び方と見極め>
建築工事の積算ソフトを導入には、業務に適しているか見極めることが大事です。必要とする機能を明確にし、ソフト導入のメリットや容易さを知れば、不安が解消できるでしょう。
<過去のデータ管理や分析が容易にできる>
積算情報を一括で管理できるのが、積算ソフトのメリットの1つです。お客様のデータを確認し、別現場の積算に利用することも簡単です。年間の集計や、担当者別の集計などを即座に確認できます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
建設技術計算ソフト
記事の検索
最新記事
RCCM試験 施工管理試験 支援ツール

支援ツールを使用すれば、短期間で、合格点が獲れる試験対策ができます。
本年度版の更新が完了し、解答例を送信中です。


  管理技術力の記述
  業務経験論文の記述

  1級、2級、経験記述
  実地試験、学科試験



建設設備 CAD
アクセス ランキング
QRコード
QR