1. Top
  2. » まとめ ptay
  3. » 仮設工 / CADデータのダウンロードサイト

仮設工 / CADデータのダウンロードサイト

仮設工 / CADデータのダウンロードサイト
ビケ・ビディ・枠組足場、支保工・パイプサポート、仮囲い・万能鋼板、立ち馬・脚立・ローリングタワー、シートパイル・鋼矢板などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





支保工にCADデータを使用するメリット
<支保工の安全面に対する課題の解決>
支保工の安全施工に必要なことは、図面を確認し施工することです。作業員に、工事計画書や施工要領書で作業手順を理解させることが大切です。CADデータを用いると、危険ポイントなどの確認ができ事故を防ぐことができます。
<支保工のCADデータを効率よく活用>
支保工の施工計画など図面作成を含めたデータ管理は、CADデータを使用することで効率化が期待できます。発注者や官庁への説明にも有効です。危険ポイントの共有ツールとしても活用できます。

出典:支保工・TSサポートにcadデータを使用するメリットをまとめてみた



脚立・立ち馬・ローリングタワーのCADデータを活用した危険察知効果
<CADデータで現場の危険箇所を把握する>
脚立・立ち馬・ローリングタワーの使用が必要な工事では、計画書や仕様書にCADデータを入れることで、作業の理解に効果的です。現場状況が表現でき、危険箇所の把握が容易となり、より安全な作業が可能になります。

出典:立ち馬・脚立・ローリングタワーの2D・3Dcadデータによる現場での危険察知効果



鋼矢板の設置工事にCADデータを利用するメリット
シートパイル・鋼矢板の設置工事にCADデータを使用して事故を防止する方法
https://cad-boss.com/sheetpile-cad-578
<鋼矢板の選定と土留め工事の構造について>
鋼矢板の選定は、ハット形、U形、直線形の型式と、約8種類の強度に分類されます。土留工は、鋼矢板だけの方式と、鋼矢板に切梁やアンカーなどの支保工を挿入し側圧を支える方式があります。
<鋼矢板の設置工事にCADデータを利用する>
鋼矢板の設置工事にCADデータを利用すると、鋼矢板配置図面が容易に作成できます。図面修正もスムーズで、強度計算は複数の計算も対応できます。シミュレーションで安全な設計が可能です。






足場のCAD化で図面変更や工事費算出がスムーズに
ビケ・ビディ・枠組足場、単管足場、CADデータの使用方法とその効果
https://cad-boss.com/scaffold-cad-101
<足場の構築方法について>
足場構築では、作業計画書の作成、および、監督官庁への届出や発注者への説明が必要です。作業計画書は、足場の組立図や部品図、強度計算書、さらに、組立手順や安全管理、工程表で構成されます。
<CADデータの中身、部材寸法、重量、銘板の利用>
足場のCADデータには、枠組足場の各部材の寸法、重量を示した図面、足場構築に係わる銘板などが含まれます。足場材メーカーやレンタル会社の公式サイトに、足場図面のPDFが掲載されています。




このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://ptay.blog.fc2.com/tb.php/478-a410d41a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

カテゴリ
建設技術計算ソフト
記事の検索
最新記事
RCCM試験 施工管理試験 支援ツール

支援ツールを使用すれば、短期間で、合格点が獲れる試験対策ができます。
本年度版の更新が完了し、解答例を送信中です。


  管理技術力の記述
  業務経験論文の記述

  1級、2級、経験記述
  実地試験、学科試験



建設設備 CAD
アクセス ランキング
QRコード
QR