1. Top

配管、空調、電気設備 / CADデータのダウンロード

配管、空調、電気設備 / CADデータのダウンロード
配管アイソメ図、量水器ボックス、水道メーター、ガスメーター、受水槽、給水タンク、貯水槽、ダクト、スパイラルダクト、単線結線図、シーケンス、制御回路版などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





CADデータを用いた正確なダクトサイズの計算
<ダクトサイズの計算手法>
ダクトサイズの選定は、建物の許容流速と送風量、等圧法や静圧再取得法で求めた摩擦損失に基づいて計算します。ダクトの材質による内面粗さなど、補正項目を忘れてはいけません。
<ダクトのCADデータを使った効果的な変更管理>
正確なダクトサイズ計算には、CADツールを使った図面の維持管理が有効です。図面管理も、変更の手間を簡略化できる効果が期待できます。CAD図面にマーキングすれば、点検漏れを防止できます。

出典:ダクト・スパイラルダクトのCADデータ、計算ソフトの連動と維持管理の完全ガイド



貯水槽の汚染防止はCAD図面のチェックと定期的な点検検査
<CADデータを用いて貯水槽を図面で管理する方法>
貯水槽の図面は、本体図面、水道本管からの配管系統図と接続図、水道蛇口までの配管図です。CADデータを用いて、工事申請用の図面や完成図を作成し管理すれば、見やすい資料となります。
<受水槽のCADデータを使うことのメリットとは>
受水槽のCADデータを使うことのメリットとして、図面作成の効率化が図れ、変更時の図面差替えが容易です。汚染のリスク箇所を図面でチェックし、点検リストに反映できます。

出典:受水槽・給水タンク・貯水槽の汚染防止は、CADデータを使った定期点検に尽きる



単線結線図を管理しやすくする作成方法
<単線結線図が現場と異なることがないようにする方策>
単線結線図が現場と異ならないようにするには、変更設備全てを図面に反映しましょう。図面作成をCADで行い、変更した図面と関連する図面を、全て関連付けることが重要です。
<単線結線図を管理しやすくする作成方法>
大規模設備の単線結線図は、エリアごとに複数作成しインデックスで示します。単線結線図を管理しやすくするには、関連図面が作成しやすいよう、電気設備や機器の情報を書き込むことです。

出典:単線結線図にシンボル集、電気図記号などのCADデータを使うメリット



配管工事に欠かせないアイソメ図のCADソフト
CADを使った配管アイソメ図は、工事に欠かせない強力ツールだ
https://cad-boss.com/isometric-cad-185
<配管アイソメ図を常に最新にする方法は>
配管アイソメ図が最新かを確認する方法は、配管系統を1点ごとに追うことです。改造工事は図面の承認後に施工するため、改造を行った図面と既存設備の精査を行い、図面を修正しましょう。
<アイソメ図は配管工事に欠かせない強力ツール>
配管アイソメ図は、配管工事の管理に必要なツールです。設備の現状に合致した、最新の図面になっていることが重要です。緊急工事を行う場合は、最新の配管アイソメ図が欠かせません。CADソフトなら、配管アイソメ図のや管理が容易です。






CADを用いたシーケンス図の作成と管理
シーケンス図・制御回路図面のCADデータを使って、できる維持管理のコツ
https://cad-boss.com/sequence-cad-907
<シーケンス回路とは何か>
シーケンス回路とは、動作制御を行う電気回路です。リレーが1個でも不足すると、電磁リレーで構成されるシーケンス回路は動作しません。シーケンス図面と機器仕様の確認が必要です。
<図面が現状と違う問題を解消する>
図面が現状と違うシーケンス回路の結線ミスは、シーケンス回路図が要因の1つです。設備改造後に図面を変更しなかったり、変更しても関連図面に変更情報を記載していない場合です。が必要です。





給水設備や水道メーターを管理するときの注意点
水道メーターやガスメーターの設置は、CADデータを使って上手な管理を
https://cad-boss.com/meter-cad-886
<水道メーターの設置するときに注意すること>
計量法で検定が義務付けられている水道メーターは、8年ごとの交換が必要です。交換時に、配管が腐食で破損する場合があるため、検針時や取替工事前の確認が大切です。
<水道メーターの設置に必要なこと>
水道メーターは、メーカーや口径、機能などの違いがあり、設置工事や維持管理には、多くの付随作業を伴います。計測方法、検針方法などもリスト化し、CADデータをデータベースとして整理しましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加

仮設工 / CADデータのダウンロードサイト

仮設工 / CADデータのダウンロードサイト
ビケ・ビディ・枠組足場、支保工・パイプサポート、仮囲い・万能鋼板、立ち馬・脚立・ローリングタワー、シートパイル・鋼矢板などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





支保工にCADデータを使用するメリット
<支保工の安全面に対する課題の解決>
支保工の安全施工に必要なことは、図面を確認し施工することです。作業員に、工事計画書や施工要領書で作業手順を理解させることが大切です。CADデータを用いると、危険ポイントなどの確認ができ事故を防ぐことができます。
<支保工のCADデータを効率よく活用>
支保工の施工計画など図面作成を含めたデータ管理は、CADデータを使用することで効率化が期待できます。発注者や官庁への説明にも有効です。危険ポイントの共有ツールとしても活用できます。

出典:支保工・TSサポートにcadデータを使用するメリットをまとめてみた



脚立・立ち馬・ローリングタワーのCADデータを活用した危険察知効果
<CADデータで現場の危険箇所を把握する>
脚立・立ち馬・ローリングタワーの使用が必要な工事では、計画書や仕様書にCADデータを入れることで、作業の理解に効果的です。現場状況が表現でき、危険箇所の把握が容易となり、より安全な作業が可能になります。

出典:立ち馬・脚立・ローリングタワーの2D・3Dcadデータによる現場での危険察知効果



鋼矢板の設置工事にCADデータを利用するメリット
シートパイル・鋼矢板の設置工事にCADデータを使用して事故を防止する方法
https://cad-boss.com/sheetpile-cad-578
<鋼矢板の選定と土留め工事の構造について>
鋼矢板の選定は、ハット形、U形、直線形の型式と、約8種類の強度に分類されます。土留工は、鋼矢板だけの方式と、鋼矢板に切梁やアンカーなどの支保工を挿入し側圧を支える方式があります。
<鋼矢板の設置工事にCADデータを利用する>
鋼矢板の設置工事にCADデータを利用すると、鋼矢板配置図面が容易に作成できます。図面修正もスムーズで、強度計算は複数の計算も対応できます。シミュレーションで安全な設計が可能です。






足場のCAD化で図面変更や工事費算出がスムーズに
ビケ・ビディ・枠組足場、単管足場、CADデータの使用方法とその効果
https://cad-boss.com/scaffold-cad-101
<足場の構築方法について>
足場構築では、作業計画書の作成、および、監督官庁への届出や発注者への説明が必要です。作業計画書は、足場の組立図や部品図、強度計算書、さらに、組立手順や安全管理、工程表で構成されます。
<CADデータの中身、部材寸法、重量、銘板の利用>
足場のCADデータには、枠組足場の各部材の寸法、重量を示した図面、足場構築に係わる銘板などが含まれます。足場材メーカーやレンタル会社の公式サイトに、足場図面のPDFが掲載されています。




このエントリーをはてなブックマークに追加

安全施設 / CADデータのダウンロードサイト

安全施設 / CADデータのダウンロードサイト
A型バリケード、B型バリケード、パネルゲート、シートゲート、キャスターゲート、カラーコーン・バー、螺旋階段などのCADデータがダウンロードできるサイトをまとめました。





現場の内と外、バリケードCADデータによる安全対策
<工事現場内での安全の確保>
工事現場内での安全の確保では、動線が交錯しない、安全な作業計画を作成・徹底・実行する工夫が必要です。ヒヤリハット事例などの情報共有も、事故を防ぐツールのひとつです。
<工事現場周辺の安全確保のための注意点>
工事現場周辺の安全確保のための注意点は、歩行者の通行ルートや、車輌の信号待ちの待機場所をはっきり示しましょう。CAD図面でバリケードが通行の妨げになっていないかを確認しましょう。

出典:バリケードの2D・3Dcadデータを使って、現場内外の安全対策に配慮



パネルゲートのCADデータを使った仮設計画のポイント
<ゲート設置場所の状況把握が重要です>
ゲート設置場所の状況把握は重要で、メッシュ素材やアルミ製など、設置場所で素材を変えましょう。軽量で手軽なシートゲートはパネルタイプより高く囲えるので、粉塵対策にも有効です。
<ゲート幅をなるべく広く確保すること>
ゲート幅はなるべく広く確保しましょう。途中で現場状況が変わっても対応できます。ゲートの位置と工事車両の搬入出経路、資材置き場の位置もCADデータを活用し考えながら計画しましょう。

出典:パネルゲートのCADデータを使った、安全で機能的な仮設計画の作成方法



カラーコーン・バーのCADデータを利用した、現場の安全と危険が“見える化”づくり
現場周辺の「不安全な行動」と「不安全な状態」は解消できるか
https://cad-boss.com/trafficcone-cad-584
<工事現場周辺の危険にはこんなものが>
工事現場周辺の危険には、作業員の転落、重機操作時の落下、車両の接触事故などが挙げられます。作業員や歩行者、車両運転者に注意を喚起し、カラーコーンのCADデータを利用し、事故を防ぐ安全計画が望まれます。
<現場の「不安全な状態」を解消するカラーコーンの使い方>
不安全な状態を解消するためのカラーコーンのの使い方は、3色のカラーコーンによる作業区画の意味を見える化する、床面の段差手前箇所にカラーコーンを設置して段差を見える化する、などがあります。






螺旋階段のメリットとデメリットをきちんと比較しよう
螺旋階段・らせん階段の2D・3Dcadデータを活用して、納得できる階段を提案しよう
https://cad-boss.com/spiral-cad-588
<螺旋階段・らせん階段のメリット>
螺旋階段のメリットとして、曲線の美しいデザイン性、狭小スペースでの設置が可能、成形して搬入するため設置が容易、視覚的な圧迫感を緩和できる、などが挙げられます。
<空調方式を考慮したらせん階段ですか>
リビングに螺旋階段を設置した場合、冷気や暖気が螺旋を伝わって逃げてしまいます。リビングの隅の方に螺旋階段を設置するなど、空調方式を考慮し、螺旋階段のCADデータを活用して配置を工夫しましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
建設技術計算ソフト
記事の検索
最新記事
RCCM試験 施工管理試験 支援ツール

支援ツールを使用すれば、短期間で、合格点が獲れる試験対策ができます。
本年度版の更新が完了し、解答例を送信中です。


  管理技術力の記述
  業務経験論文の記述

  1級、2級、経験記述
  実地試験、学科試験



建設設備 CAD
アクセス ランキング
QRコード
QR